プロパンガス 会社変更

プロパンガスの会社変更で節約が出来るプランに乗り換えが可能

プロパンガスの料金が高いので、会社変更をしたいと考えているあなた。

 

ガス料金はガス会社が自由に設定しています。
ガス料金が自由に設定出来ますので、高い会社もあれば安い所もあります。
ガス料金は社会インフラの1つだからどこの会社でも同じくらいだとうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

もし、今のガス料金が割高の場合、プロパンガスの会社変更をして切り替えるだけで、毎月のガス代を下げることも可能です。
毎月数千円の節約が一年、二年と続けば、大きな金額の節約に繋がります。
わずかな差が大きな差になってゆきます。

 

プロパンガスの会社変更をすることによって節約が出来るプランに乗り換えが出来ます。

プロパンガスの会社変更をするだけでガス代を節約することが出来ます。

 

あなたのお住まいの地域のプロパンガス会社の料金プランを比較すれば、料金が安いガス会社を見つけることも可能です。
そして、今契約しているガス会社の契約を止めて、新しいガス会社と契約を結べば乗り換え完了です。

 

しかし、ガス会社の料金やプランをいちいち確認して比較するのは面倒だ。
会社変更をして乗り換える手続きが面倒だとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今のガス会社との契約を途中で打ち切ることが出来るのか心配になることもあるのではないでしょうか。

 

このサイトでは、プロパンガスの会社変更を希望されている戸建てにお住まいの方むけに、ご利用状況を診断し、見積もりを出し最適なガス会社を選定できるサービスをご紹介します。

 

ガス代を節約したい、家族が多いのでガス代がかかる、同じガスならお得な方がいい方、中古住宅を購入した、イノベーションをする方など。
ガス料金の乗り換えをご検討する際の参考になさって頂ければと思います。

 

 

ガス料金の診断サービスをご紹介

戸建て住宅にお住まいの方でプロパンガスの会社変更をする際にご利用できるガス料金の診断サービスをご紹介します。
プロパンガスの料金が高すぎると思っている方はご参考になさって下さい。

集合住宅や賃貸物件にお住まいの方は個人単位でのガス会社変更は難しいです

 

エネピ(enepi)

enepiは独自の厳正な審査を通過した信頼のおけるプロパンガス会社を紹介するサービスです。
一括見積りが出来ます。

[特徴]

  • 地域にあった最適料金
  • 信頼のおけるガス会社を紹介
  • 保安体制が備わったガス会社を紹介
  • プロパンガスに関する不明点が聞ける

 

enepiはあなたがお住まいの地域に最適な料金プランがあるガス会社を紹介してくれます。
プロパンガスの料金設定はガス会社が自由に設定出来ますが、不当な料金設定をしているガス会社は案内しません。
もしも、割高な料金設定をしているガス会社をご利用なさっていたら、enepiをご活用して乗り換えをなさってみてはいかがでしょうか。

 

enepiは信頼性のあるガス会社を紹介します。
違約金を取らない、料金プランが明確などの安心なガス会社を厳選しています。
また、ガス切れやガスの異常を感知したりなどといった不測のトラブルに備えて対応が出来るガス会社を選んでいます
enepiは、料金的にも安全面でも安心できる会社を紹介することが出来るサービスです。

 

乗り換えの流れ

@エネピに申込みし見積もりを依頼
A見積もりが送付される
B比較検討する
C新ガス会社が訪問し最終的な見積もりを提示
D新ガス会社と現ガス会社との調整・交渉はエネピが対応
Eガスボンベとガスメーターの交換
Fガスの利用再開

 

申し込みの流れ

以下の青字の部分かバナーをクリック・タップしてエネピのページに進みます。
エネピのページの下部にオレンジ色のボタンがありますのでクリックして進みます。
必要事項を入力します。

 

 

ガス会社を料金が安い会社、安全な会社、優良ガス会社に乗り換えをご検討なさっていたら、enepiにご相談下さい。
また、無料の一括見積もり、相見積もりなどをご要望の方はこちらをご覧下さい。
↓      ↓      ↓
エネピ
エネピ

 

会社変更をするメリット

プロパンガスの会社変更をするメリットはガス料金が安くなることです。
ガス料金は基本料金と従量単価によって決定しています。
ガス料金の自由化のよってプロパンガスの会社は自由に料金を設定出来ます。
会社ごとのプランを比較して料金差を把握すれば、ガス料金を下げることが可能となります。

 

だだし、すでに安いガス会社でご契約されているとそれ以上安くするのは難しくなってくるかもしれません。

仮に月に2000円安くなったとすると1年で24000円のお得になります。
これが5年となると120000円のお得になってきます。
この金額となると電化製品が買えます。

 

一方でデメリットもあります。
契約の見直しやガス会社を変更する際に、トラブルや違約金が生じる可能性があります。
乗り換えをする前に契約書を確認してみて下さい。

 

 

プロパンガスの料金が高いなと思ったら会社変更をご検討なさってみてもよいのではないでしょうか。

 

プロパンガスの料金の違い

プロパンガスは会社によってなぜ違いがあるのでしょうか。
ガス料金(従量単価)は会社によって自由に設定することが出来ます。
ガス料金が安い高いによってガスの質に大差があるわけではありません。

 

 

利用者はプロパンガスの会社を自由に選ぶことが出来ます
会社変更は自由ですから、あなたのお住まいの地域で最適な会社のプランを選ぶことが出来ます。

 

ユーザーの心理が影響していることもあります。
ガスは毎日使う大切なものです。
毎日使っていて、毎月料金を支払っているので、料金が高くても慣れてしまっていることがあります。
感覚が鈍っているのかもしれません。
また、多少の料金の違いなら会社変更の手続きをする面倒さを考えると受け入れてしまうユーザー心理があるのかもしれません。

 

プロパンガスの会社変更をすると供給設備を変えなくてはいけなくなることがあります。
この設備の費用が高額になります。
ここも会社変更をする上ので心理的な壁となります。
大半のプロパンガスの会社は設備費は無料としています。
しかし無料なのではなく毎月ガス代に上乗せしていることが多いのです。
例えば契約開始から3年で設備費が回収できる料金プランになっているという感じです。
でも、この場合3年経ったら設備費分の料金が安くなるわけではないのです。
そうなると、ガス代が割高になってしまうということになります。

 

ガスの会社変更の注意点

プロパンガスの業者変更をする際の注意点です。

 

料金が安いプロパンガス会社のプランに変更しても、数年で高いプランになってしまうケースがあります。
料金が安すぎるガス会社には気を付けたほうがよいです。
契約時に安い金額を提示しておいて、徐々に値上げをする可能性があります。
悪徳ガス会社も存在します。

毎年のように値上げを実施して高い料金になってしまうこともあります。
もちろん不当な値上げということではなく、そのようなプランだったということも考えられます。
ガス会社を変更する際のトラブルの一因となりますので、ご注意下さい。

 

料金変更は業者側の都合で出来てしまします。
ガス会社からの一方的な値上げ通知で行うことが出来ます。
安い・お得と謳っていても、優良な業者でないと結果的にガス代が割高になってしまうことがあります。

 

ガス小売業者は、消費者への契約条件の説明義務や、書面交付義務がありますので、気になる際にはご確認をして下さい。

 

プロパンガスは海外から輸入しています。
原料である原油の価格は常に上下しています。
また、為替の変動や需要と供給のバランスからも価格は上下しています。
価格が常に上下していますが、プロパンガスの値段は上がるが下がることはあまりありません。
需要が増加し始める秋に料金は上昇する傾向なのですが、需要が減る春に価格が下がらないことがあるのです。
そして、また値上げを行う業者もいます。

 

ガス会社が営業のスタッフを派遣して玄関などで勧誘する営業方法があります。
営業のスタッフですから言葉巧で勧誘してくることがあります。
気をつけた方がいい言葉は、「安い、安心、解約可能、値上げしない」などとです。

 

始めの料金が安くても、解約可能、値上げしないのだからプロパンガスの料金が高くならないのなら安心かといえばそうとも言えないことがあります。
それは、勧誘してきた人との口約束だからです。
結局、ガス料金が値上げされ、解約もすんなり出来なくなってしまうこともありえます。
言った言わないのトラブルになることがあります。

 

プロパンガスの会社変更をする際は書面で契約内容をご確認するようになさって下さい。

 

プロパンガスの基本料金

プロパンガスの基本料金は都道府県や契約する会社によって異なります。
戸建てとアパートなどの賃貸住宅の違いによっても違ってきます。

 

プロパンガスの基本料金の平均は関東、甲信越、東海、四国、九州地方が1500円代〜1600円台となっていて、東北、北陸、近畿、沖縄地方が1700円台となっていて、中国地方が1800円台、北海道が1900円台となっています。

 

基本料金はガス会社や地域によって異なりますので、今使っているプロパンガスの基本料金はガス会社にお問い合わせ下さい。

 

ガス料金は基本料金と従量料金によっ構成されています。
従量料金に関しては単価に使用量を掛けた料金となります。
従量料金から使用量を割れば単価が算出出来ます。
この単価はガス会社によって自由に設定されていますので、ガス代が会社によって異なるのはこの単価の高低によるものが大きいのです。
ガス料金が適正価格か高すぎるかは、ガス単価を算出すれば判断をすることが可能です。

更新履歴
page top